柄のアレンジが可能なスタンド看板

最近では、スタンド看板の柄のアレンジが、看板の所有者によって簡単にできるケースが多く見受けられています。この特徴のある看板は、容易に希望するデザインにアレンジできるとされているため、積極的に利用されるようになりつつあるのではないかと考えられています。この特徴はスタンド形式の看板の特徴的な側面でもあるため、気軽に利用できる看板のタイプとして捉えられているのではないでしょうか。多くのところでスタンド看板が販売されているものの、デザインを簡単にアレンジできるタイプのものがメインで取り扱われています。そのため、様々な形式の看板を形成できる可能性があるとされていることから、しばしば注目を集めています。スタンド用の看板は、このアレンジのしやすさがより高く評価されると考えられているため、利用される機会も増加するとみられています。

スタンド看板にもいろんな種類があります

スタンド看板はお店の内外のあちこちで見かける看板の1つで、それらのほとんどは比較的コンパクトで従業員1人だけでも楽に持ち運びできるようなサイズとなっています。またそれらの看板にもいろんな種類があります。まずはA型看板と呼ばれる種類です。これは脚が4本で成り立っていて、置く場合は脚をそれぞれ股を開くような感じで設置されます。その際は横から見たらAのように見えるからそう呼ばれています。次はT型看板です。これも横から見たらTのように見えるからそう呼ばれます。またT型の一部では脚にキャスターを取り付けることでそれ自体が車輪で移動しやすくなっています。またT型は見た目だけでなく、機能的にもいくらかに分類されます。看板自体が黒板のようにチョークで書き込めるもの、電照式なもの、電光掲示板のように内容が変化していくものなど様々です。

スタンド看板の基礎知識

スタンド看板とは、移動可能な自立式の看板のことです。店先などに置くことで、その店の存在を知らせるとともに、広告を掲示してPRを行ったり、または案内や商品名を掲示する目的で使用されます。小売業や飲食店などの店舗をはじめ、企業・病院・公共施設など、業種を問わず利用されています。スタンド看板の種類には、A型・T型・カーブサイン型といった形状の違いによるタイプがあります。A型は、ちょうどアルファベットの「A」の形に開いて設置するタイプのもので、重量も軽く持ち運びに便利なため、店先だけでなくイベントなどにも活用されています。そしてT型は、アルファベットの「T」を逆にしたような形のもので、オフィスなどの屋内でもよく利用されています。さらにカーブサイン型は、表示面が丸くカーブしているのが特徴で、デザイン性を求める美容院やエステサロンなどでよく見られます。